2007年02月19日

東京マラソン

スタッフの大塚です。

2月18日(日)、石原慎太郎都知事の号砲で3万870人のランナー達が9:10(※車いす9:05)に、
東京マラソンのスタートを切りました。

当日有森は、3:30amに起床。6:00am〜夫・ガブリエルと共に軽い朝食を済ませ、8:00amに招待選手控え室へと移動しました。ウォーミングアップを済ませた後、小出監督や関係者の方々に激励の言葉を受け、スタートラインに移動。

大会はあいにくの雨。ランナーをはじめ、ボランティアのみなさんや大会スタッフ・沿道の応援のみなさんも大変な朝を迎えました。しかし、寒さや雨もすべて吹き飛ばすような、素晴しい大会となりました。
IMGP5581(2).JPG IMGP5587(3).JPG IMGP5589(3).JPG

スタートをしてから15Kまでは、キロ4分を切るペースで進みました。予定より大分早いペースだったにも関わらず、体は思いのほか軽かったとの事。22.7K地点で後方のランナーと足が接触。大転倒というアクシデントがありましたが、最後のレースは『這ってでもゴールする!』と心に決めており、諦めかけた気持ちを切り替えて再スタート。転倒後は一瞬にして体が冷えてしまい、ペースダウンをしました。このマラソンではすべてのランナーが、有森なのでは?と思えるほどのたくさんの有森コール浴び途中、何度も感極まって、泣きながらのマラソンだったそうです。
IMGP5594(4).JPG IMGP5596(5).JPG IMGP5597(6).JPG 
  男子エリート第一集団         有森の集団

東京マラソンでは、すべての皆さんに感謝の気持ちを込めて走りました。結果:2時間52分45秒 5位
IMGP5598(7).JPG DSC03735(1).JPG

IMGP5601(7).JPG IMGP5606(7).JPG
 レース直後のインタビュー        転倒時の傷

DSC03758(2).JPG IMGP5632(11).JPG IMGP5613(8).JPG 
                      応援団との記念撮影      レース後のかこみ取材

表彰式では、石原都知事による表彰状とメダルの授与。
IMGP5617(8).JPG IMGP5622(9).JPG IMGP5619(8).JPG 

表彰式を終え、有森は2つのパーティーに出席しました。
15:00〜ライツ主催のお疲れ様会は、リクルート関係者・リクルートランニングクラブOG・ハート・オブ・ゴールド・日本体育大学卒業生・etc・・・、有森のマラソン人生で関わりのあった関係者・約250人もの方々が雨の中応援に駆けつけて下さり、パーティーにもお越し頂きました。
DSC03776(3).JPG DSC03778(4).JPG DSC03788(5).JPG
   アシックス・三村さん     ニッポンランナーズ・金さん   白石鍼灸治療院・白石先生

大会が主催する18時〜のフェアウエルパーティーでは、君原健二さんに記念品を贈呈して頂きました。
IMGP5634(12).JPG IMGP5641(13).JPG

大会を終えて・・・(スタッフ大塚)
有森との関わりは、リクルートランニングクラブの同期としてスタートしたとき以来18年にもなります。
かつては選手としてライバルであり、同志でもありました。
96年アトランタオリンピック以降は有森のトレーニングパートナーとして走る事になり、更にプロ・マラソンランナーとして、『チーム有森』を結成してからの4年ちかくは、何もかもが始めてで手探り状態。そんな中、私個人としては多くの素晴しい経験と出会い・学びがあり、そして1人の女性・有森から得た事は素晴しいものでした。トレーニングをサポートをしていく上では、結果を出せず役割の未熟さを反省した時もありました。

昨年3月に、私たちは5年ぶりにチーム有森を復活させ、引退レースの為にトレーニングをスタートしました。私は有森の集大成となる東京マラソンでは、たとえどんな結果にしても、悔いのないものにしたいと思っており、今までの全ての事に感謝して、『心からありがとう!』の気持ちで過ごしました。昨日、アクシデントはありましたが、無事にゴールした有森を迎え感無量の思いでいっぱいです。

有森は昨日でプロ・マラソンランナーにピリオドを打ちましたが、これからも有森の様々な活動にご支援して頂ける事を願っています。
posted by team sun animo at 19:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。