2007年04月12日

財務省新人研修講話

4月11日、財務省の新規職員研修の一環で行なわれている「教養講話」で、将来の大物?!を期待される20代前半の研修生、180名を対象に話をしてきました。

『チャンスを待っているだけでは、せっかく来ても気付かず通り過ぎる。何か掴み取ろうと必死で手を伸ばしている人は、めぐってきたチャンスをしっかり手にすることができる。肩書き(組織)あってのみんなではなく、みんなあっての肩書き(組織)』など、前向きに努力して進む自分次第で、誰にでも素晴らしい未来があり、環境は自分次第なんだということを、有森らしく熱く語りました。
070411 1.JPG 070411.JPG
posted by team sun animo at 13:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。