2007年04月13日

スポーツニッポン新人研修

4月12日(木)有森さんがスポーツニッポンで新人研修の講師を務めてきました。(対象者)2007年新入社員 12名 

今回は記者の卵さん達ということで、通常の講演とはまた異なり、経験談を通じ「アスリート有森」として「メディア人」となる彼らへの希望を中心に話をしました。
研修の場には有森と長年の付き合いである藤山さん(スポニチ)も同席され、「なぜ藤山さんとこれだけ付き合いが深いのか」などアスリートとメディアの関係性、求めてきたものなど具体例を出しながらわかりやすく伝えていました。また、『相手はコンピューターではなく人間。理解したければ、その時の感情やその場の空気を感じて何を強く発信したいのか、現場に行き、直接目を見て会話をすること。』など、人間力の大切さについて、一人一人の表情を見ながら話しました。
070412.JPG 070412 1.JPG

Q&Aではみなさん記者志望ということもあり積極的に「東京マラソンを引退レースに選んだ理由に、テーマ性の問題提起もあったのか?」、「引退を決めて、これから新たなスタートを切る心境は?」、「指導者への道を選択する予定はないのか?」、「文字で置き換えて感動を伝えていくのに、必要不可欠だと思うことは?」など質問に、有森なりの意見と回答を話しました。

今回の感想を、「こういったアスリートとメディアが、早い時期に会話の出来る機会がもっとあればいい」、また「伝わるという意味がわかった」という参加者の声をリアルに聞くことが出来き、とても新鮮だったとの事わーい(嬉しい顔)
posted by team sun animo at 15:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。