2007年04月16日

かすみがうらマラソン

4月15日(日)、茨城県土浦市で行われたかすみがうらマラソンに有森が特別伴走者として参加しました。

4月14日(土)土浦市内で前夜祭が行われました。有森のほか、ダグラス・ワキウリさん、君原健二さん、宇佐美彰朗さん、喜多秀喜さん、中山竹通さん、川嶋伸次さん、花田勝彦さんがゲスト(盲人マラソン伴走者)として参加。今回はアンコールワット国際ハーフマラソンにも出場したカンボジア人の義足ランナー、チン・パン選手とサン・マオ選手が初めて招待され、前夜祭で紹介されました。(写真左)
また、旧知のアトランタパラリンピック・マラソン金メダリスト、柳川春巳さんと再会。(写真右)
006.JPG 007.JPG

前夜祭のあと行われた、全国10箇所のマラソン大会の事務局による「マラソンサミット懇親会」に出席し、各地のマラソン大会の運営者の皆さんと交流しました。
008.JPG
有森は挨拶の中で、「誰でも気軽に参加できる大会、出場者だけでなく地域の方々も楽しめる大会、メッセージを持った大会が増えていく事を目指していきましょう。」と話していました。




4月15日(日)レース当日。
晴れ、16度。参加者は昨年を3000人上回る1万4000人あまり。(もちろん大会史上最多)
開会式では、今回も大会からハート・オブ・ゴールドに参加費の一部を「対人地雷で傷ついたカンボジアの人々の支援のため」寄付金が贈呈されました。
なお、レース直前ステージでは「有森流ウォーミングアップストレッチ」
011.JPG 012.JPG

有森は盲人マラソン10マイル女子の部B-2に参加。愛知県の野口真裕美さんの伴走をしました。
スタートで野口さんとの息もぴったり合い、1時間31分57秒で見事優勝!(写真はゴール地点、表彰式、記者会見)
001.JPG 002.JPG 017.JPG

013.JPG
また、カンボジアの義足ランナーチン・パン選手サン・マオ選手の会見にも同席し、カンボジアでのハート・オブ・ゴールドの活動も紹介しました。(写真)





レースの合間をぬって、会場内に設けられた「ハート・オブ・ゴールドブース」でチャリティーグッズにサイン。
014.JPG 016.JPG

今回もたくさんの皆さんのご協力をいただきました。また来年もよろしくお願いします!
posted by team sun animo at 14:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。